ひろ子ワールド

hiroko0827.exblog.jp

日本共産党の福山市議会議員の河村ひろ子です。2012年4月に福山市議会議員に初当選。2016年4月の市議選で2回目の当選。市議になる前は介護現場で17年働いてきました。特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアマネジャーなど勤めました。福祉を良くするため、また2人の子どもを持つ母親としても、平和な社会を築くため全力で頑張ります。日々の活動内容や私の思いを発信すますので、よろしくお願いします!

2018年 07月 08日 ( 1 )

今日も被災地支援

日本共産党福山市災害対策本部を立ち上げました

本部長は日本共産党広島県議会議員の辻つねおです

各地の被災状況を共有し

いま何が必要なのか、何を市や県に要望し、どのように行政と連携して市民への支援をするのか

などなどを、議員団で確認しました

c0344085_21585623.jpg
(「ここまで水が来た」住民の方かた話を聞く:山手町)

その後、私は辻県議と一緒に、山手町や御幸町へいき状況確認と情報提供など行いました

●床下・床上浸水した所には薬剤配布を市が行います。現在、保健師が中心となり山手町など薬剤配布をしていますが、届かない場合など、必要があれば市(健康推進課)へ連絡して下さい

●被災ゴミは、町内でまとめて置きくようにして市へ連絡をして下さい。市がゴミ収集をします

●今後の災害補償や罹災証明の時に役立つので、浸水した所など被害にあった現場の写真を撮っておいてください。写真には「○月○日、○○○○宅」と、分かるようにしておいてください

●今後、「福山市からのお知らせ」という、災害補償制度や行政への連絡先が書いてあるものが出来きますので確認をして下さい(7月8日の夜に最新版ができました)

など、市から聞いた情報を伝えました



c0344085_21583762.jpg
(住宅の外の様子:山手町)

今朝には各地の水が引いていました

「ひざ下まで、水が押し寄せた」「7月8日の朝には床上まで水が来て、昼までに水どんどん増えた」

家の中の片付けに追われ、外まで手が付けられない

いつものような生活がいつ出来るのか見通しが持てないことに、多くの方々が不安を抱えておられます

c0344085_21591465.jpg
ある住宅は床上浸水

ふすまに水あとがクッキリ残っています

「一階は床上浸水のため二階で寝泊まりするけど、水が出ないので、セブンイレブンにトイレを借りに行く」を話す学生さん(御幸町)

「明日、消毒が必要と市に言うつもりだった。連絡先が分かって助かる」(御幸町)

「お風呂に入れず困っている。避難所では入浴出来ない」(御幸町)

「排水ポンプの老朽化対策など、対策がどうだったのか検証を」(山手町)

「避難所の場所に課題があるのでは。大雨で危険な川の近くの支所へ避難は恐ろしすぎる」(神辺町)

「自宅が浸水したけど薬剤の配布は?情報が欲しい。町内会として状況確認が来たがそれだけだった」(神辺町)

多くの要望が寄せられています

行政にも伝え、行政とも連携しがら支援に力を注がなくては!

c0344085_22143149.jpg
辻つねお県議には、三原市や尾道市、広島市など県内各地から途絶えることなく連絡が入ります

その対応や現地調査などで猛奮闘の県議

中国地方や四国など、各地で大きな被害が起きています

広島県内では32名の尊い命が奪われました

天災では防げなくても、被害を最小限にするため、国や県や市がもっと防災対策に力を入れなくてはなりません

明日も支援に全力です


[PR]
by kawamura0827 | 2018-07-08 23:03 | Comments(0)

日本共産党の福山市議会議員の河村ひろ子です。2012年4月に福山市議会議員に初当選。2016年4月の市議選で2回目の当選。市議になる前は介護現場で17年働いてきました。特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアマネジャーなど勤めました。福祉を良くするため、また2人の子どもを持つ母親としても、平和な社会を築くため全力で頑張ります。日々の活動内容や私の思いを発信すますので、よろしくお願いします!


by ひろ子ワールド