人気ブログランキング |

ひろ子ワールド

hiroko0827.exblog.jp

日本共産党の福山市議会議員の河村ひろ子です。2012年4月に福山市議会議員に初当選。2016年4月の市議選で2回目の当選。市議になる前は介護現場で17年働いてきました。特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアマネジャーなど勤めました。福祉を良くするため、また2人の子どもを持つ母親としても、平和な社会を築くため全力で頑張ります。日々の活動内容や私の思いを発信すますので、よろしくお願いします!

2016年 04月 21日 ( 1 )

みなさん、このマークは何かご存じですか?

c0344085_14024568.jpg
これは、2012年に東京都が作成した「ヘルプマーク」です

説明書には「義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、また妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としいてることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、ヘルプマークを作成しました」

と、書かれています

配慮や援助をして欲しいと知らせたい方が、このヘルプマークを、カバンなどに着けます

東京都内では、このマークをカバン等に着けている方も見られているそうです

今後は、京都府、青森などで導入をしていくとのこと

しかし、この福山市では、多くの方が知らないと思うのです

先日、このヘルプマークなどを周知してほしいと、当事者の方々が要望に来られました

c0344085_14011450.jpg
「難病があるが、みかけでは分からない。でも歩行が不安定なので、電車でも優先席に座ったりしているが、睨まれたり、若いのになぜ優先席に座るのかと怒られたりする」

「自分はパニック障害があって、電車に乗ることがしんどいが、ちょっとした(あたたかい)言葉で、電車に乗れることができるようになるんだ」

など、ヘルプマークを持っている人は、何かしらの配慮や援助が必要であり

そのことを、周囲の人に知らせ、知ってもらうことで

様々な困難を抱えた人も社会で暮らしやすくできる・・・・・

と、みなさん話されます

本当はヘルプマークを着用しなくても優しさがある社会であることが望ましいのですが

日本は残念ながら、そうではない

いろんな話を伺いながら、日本の社会のあり様や問題を考えさせられました

c0344085_14003899.jpg


さて、これは「サポートマーク」

山口県で考案されたとのこと

今後、中国5県で導入することになりそうです

主旨はヘルプマークとほぼ同様

いま全国では様々なマークがありますが、大切なのは周知すること

そして、困難を抱えている方に寄り添えたり、援助の手が差し伸べられたり、配慮できる温かい社会をつくることですよね

今回は、来られた方の意見や体験された話を聞くことができ、本当に良かった

私の活動の原点でもある「一人ひとりが大切にされる社会」を目指して、私も頑張ります!


by kawamura0827 | 2016-04-21 14:35 | Comments(0)

日本共産党の福山市議会議員の河村ひろ子です。2012年4月に福山市議会議員に初当選。2016年4月の市議選で2回目の当選。市議になる前は介護現場で17年働いてきました。特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアマネジャーなど勤めました。福祉を良くするため、また2人の子どもを持つ母親としても、平和な社会を築くため全力で頑張ります。日々の活動内容や私の思いを発信すますので、よろしくお願いします!


by ひろ子ワールド