ひろ子ワールド

hiroko0827.exblog.jp

日本共産党の福山市議会議員の河村ひろ子です。2012年4月に福山市議会議員に初当選。2016年4月の市議選で2回目の当選。市議になる前は介護現場で17年働いてきました。特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアマネジャーなど勤めました。福祉を良くするため、また2人の子どもを持つ母親としても、平和な社会を築くため全力で頑張ります。日々の活動内容や私の思いを発信すますので、よろしくお願いします!

ビキニデー

1954年3月1日、今から58年前に、アメリカのシクロネシアのマーシャル諸島内・ビキニ環礁で、アメリカ合衆国が水爆実験を行いました

水爆実験は1946年から行われていたそうです

この1954年の「ブラボー実験」の時、爆心地から150キロほど離れた海上で、操業していた日本のマグロ漁船「第五福竜丸」が死の灰を灰を浴びました

大量の死の灰を浴びた、無線長の久保山愛吉さんが亡くなるなど放射能の被害が拡大したのです

c0344085_10210541.jpg


実は、被害を受けた日本の漁船は「第五福竜丸」だけではなかった。

多くの漁船が当時、太平洋沖にいた・・と先日テレビで報道されていました

その漁船の乗組員の多くが、ガンや白血病などで早く亡くなっているのです

放射能の被害を多く受けた、乗組員やその家族は何も言うことは出来ず、何の保障もないままです・・・

c0344085_10210502.png

これはビキニ環礁の写真を衛星写真で撮ったもの

ビキニ環礁のロンゲラップ島の悲劇・・・ブラボー実験

広島原爆の1000倍 15メガトンのブラボーと名づけられた水素爆弾

ビキニ環礁にセットされた地上50メートルの鉄塔の上で爆発をした

数千度の火の玉がサンゴを吹き上げ、地面を蒸発させた

直径1600メートル、深さ66メートルの巨大な穴があき、50万トンのサンゴが舞い上がった・・・

ロンゲラップ島民は、空から降ってくる死の灰を、話に聞いていた雪に見えた

体にこすり付けて遊んだり、口の中に入れたり、コーヒーに入った灰をそのまま飲んだ

その後、激しい放射能障害に見舞われる・・・

核実験による被害者はビキニ環礁の島民だけでなく、アメリカのネバダ核実験場の風下に住む人、ドイツやパキスタンなど世界中に広がっています

内部被曝を認めてこなかったアメリカ・・・

今、この日本でも原発事故による放射能障害が危惧されています

過去の過ちは繰り返してはいけません!

人類を滅亡へと導く、核兵器、そして原発はなくさなくては・・・・!!

[PR]
by kawamura0827 | 2012-03-01 22:53 | Comments(0)

日本共産党の福山市議会議員の河村ひろ子です。2012年4月に福山市議会議員に初当選。2016年4月の市議選で2回目の当選。市議になる前は介護現場で17年働いてきました。特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアマネジャーなど勤めました。福祉を良くするため、また2人の子どもを持つ母親としても、平和な社会を築くため全力で頑張ります。日々の活動内容や私の思いを発信すますので、よろしくお願いします!


by ひろ子ワールド